選択制確定拠出年金(401k)

選択制確定拠出年金(401k)の導入サポート

どんな規模の企業(社長1人~)でも加入可能!
導入するだけで社長の退職金準備・企業の負担減少が可能な制度をご存知ですか?

選択制確定拠出年金(401k)のご紹介

選択制確定拠出年金(401k)とは?

選択制確定拠出年金(401k)とは、簡単に言ってしまうと「老後資金を従業員(役員含む)が、自分で作るためのおトクな制度」です。 60歳までの間に毎月一定の金額(掛け金)を出して、その掛け金で投資信託や定期預金、保険などの金融商品を選んで運用し、60歳以降に運用した資産を受け取るというものです。 個人で掛ける場合は、「個人型確定拠出年金(iDeCo(イデコ))と、呼ばれています。当事務所では、個人型確定拠出年金(iDeCo(イデコ)よりもメリットの多い「企業型(401k)」をご利用いただけます。また、すでに個人型確定拠出年金(iDeCo(イデコ)で掛けていた方も、「企業型(401k)」へ移行できます。

3つの特徴

確実にメリットのある資産運用
様々な優遇税制が利用できます。

社長の退職金が作れる
公的年金への不安を解決できます。

60歳未満の方が加入対象
厚生年金保険に加入している必要があります。

役員加入のメリット!

役員報酬はそのままで上乗せ66万円を非課税で積み立てられる理由をご紹介↓

社長のみが加入した場合の節減メリット ※
    導入 初年度 導入3年目 (合計) 導入5年目 (合計)
法人
負担減
社会

保険料
29,700 89,100 148,500
所得税 148,200 444,600 741,000
住民税 63,100 189,300 315,500
合計 241,100 723,300 1,205,500

法人

支出

導入

一時金
103,600 103,600 103,600
ランニング

コスト
154,800 464,400 774,000
合計 258,400 568,000 877,600
収支金額 ▲17,300円 155,300円 327,900円

※社長の拠出額を55,000円で算出しております。
※社長の役員報酬は100万円で算出しております。
※表示価格は全て税抜きです。

ここがポイント!

1.国から用意された3重の税制優遇メリット

2.最低年利15%非課税の貯金が可能

3.利益圧縮!拠出金は全額損金計上

4.年金3割減時代の有利な資産形成方法

 

社員の加入でさらに負担が減少します!

社員が加入の場合
  企業型

確定拠出
年金

加入者数
10人
法人社会保険負担減 コスト

ダウン

負担減額
(推定・

年額)
357,360
合計 357,360
法人支出 【初年度

のみ】
導入

一時金
130,600
【年間

費用】
ラン

ニング

コスト
219,600
合計 350,200
【初年度】

収支金額
7,160
【次年度以降】

収支金額
137,760

※社会保険料の負担は月給250,000円の者が毎月10,000円を拠出したと推定しております。
※表示価格は全て税抜きです。

  • 社員が加入すればするほどコストダウン(社会保険料の負担減
  • 加入は選択可能なため入らない社員がいてもOK
  • 大企業並みの福利厚生導入により、定着率強化にも好影響

貴社(社長)が加入すると、どのぐらい負担が減少するのかが分かる
シミュレーション実施中(無料)
選択制確定拠出年金の導入なら、当社へお任せください!

メールによるお問い合わせ
必須会社名(※個人の場合「個人」と記載)(例:〇〇株式会社)
必須お名前 (例:山田 太郎)
任意お名前(カナ) (例:ヤマダ タロウ)
必須役職 (例:代表取締役社長)
必須メールアドレス(例:xxxxxx@xx.xx)
任意郵便番号(例:123-4567)
任意都道府県
任意市区町村
任意番地・建物名
必須相談内容

ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて
送信ボタンをクリックして下さい。


無料相談受付中!

サービス内容

無料相談受付中!

ACCESS MAP