ストレスを抱えている社長へ

労務問題にストレスを抱えておりませんか?

事業活動の正常な運営を阻害する労務問題は大きく6つに分類されます。
当法人ではリスク診断を通じて、労務問題の潜在的な要因から可視化し、
優先順位の高い問題から改善のサポートをしていきます。

(1)解雇トラブル

潜在的な要因 顕在化したときのストレス
自己都合退職を会社都合にして欲しいと頼まれた ・弁護士費用
・訴訟リスク
・損害金の発生
・助成金申請に影響
辞めてくれない社員を転勤させた
問題社員を解雇しようとしている
パートやアルバイトの契約更新を書面で残してない
回復の見込みがないので、休職を一方的に打ち切った

(2)未払残業代請求

潜在的な要因 顕在化したときのストレス
課長以上は払わないルール ・監督署への申告
・弁護士などによる請求
・他の従業員への波及
・風評被害(ブラック)
・倒産リスク
・付加金の支払いリスク
営業職には必要ない
残業時間の上限が決まっている
労働時間の管理を行っていない
残業代は基本給に含めている

(3)問題社員(ローパフォーマー)

潜在的な要因 顕在化したときのストレス
遅刻早退欠勤が多い ・監督署への申告
・弁護士などによる請求
・他の従業員への波及
・風評被害(ブラック)
・倒産リスク
・付加金の支払いリスク
コミュニケーション能力の著しい欠如
心の病気で出勤常ならず
SNSで会社の悪評を流す

(4)ハラスメント

潜在的な要因 顕在化したときのストレス
雑用を女性にのみ行わせている ・都道府県労働局へのあっせん申請
・労働弁護団からの慰謝料請求
・合同労組との団体交渉
・風評被害
指導が行き過ぎ、暴言や暴力がみられる
能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を担当させている
性的な関係を要求したが拒否されたため解雇、配置転換、降格した

(5)退職勧奨

潜在的な要因 顕在化したときのストレス
能力不足 ・弁護士による地位確認請求や損害賠償請求
・合同労組との団体交渉
・風評被害
トラブルを社内外で起こす
業務命令に従わない

(6)過労死賠償請求

潜在的な要因 顕在化したときのストレス
恒常的に1ヶ月80時間を超える残業をしている ・監督署の立ち入り調査
・労働弁護団からの慰謝料請求
・合同労組との団体交渉
・遺族との交渉
・賠償金リスク
シフトが不規則で拘束時間も長い
日常的に、精神的に負担がきつい業務を担当している
健康診断を受けさせていない
36協定の限度時間を守れていない

いかがでしたでしょうか?

当法人では、無料で労務監査診断を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

無料相談受付中!

サービス内容

無料相談受付中!

ACCESS MAP